ツール・ド・三陸TOP >> 応援メッセージ

応援メッセージ 2019年

松島伸安

さん(元競輪選手/子供自転車教室インストラクター)
松島伸安
皆さん、こんにちは。
2015年に群馬グリフィンレーシングチームのスタッフとして初参加させていただき、今回で2回目の参加となります。
今回も、子供達の自転車教室のインストラクターを務めさせていただきます。

現在は群馬県前橋市で、赤城山地域の観光プロモーションを主な仕事としております。
私の担当する地域でも、飛散した放射能により農作物が被害を受けたり、観光の主力であったワカサギ釣りが禁止になるなど地域の生活に大きな影響を受けました。
現在は全国的なムーブメントでもある「サイクルツーリズムによる地域振興」を赤城山地域でも推進していて、地域の様々な魅力を自転車に乗ってのんびり周遊し体験することで、地元の人々にも、観光で訪れた人々にも、愛着を持って赤城山に親しんでもらおうと考えています。
ツール・ド・三陸でも同じように、陸前高田市や大船渡市などの郷土を愛する人々と、地域外から想いを寄せる人々が年に一度、一堂に会する機会として大変貴重な時間だと感じています。

前回のツール・ド・三陸に参加した時に「陸前高田市では震災復興の工事を優先する施策として、子供達の安全を第一と考え、普段は自転車に乗ることが禁止されている」とお聞きしました。その中でも「年に一度の、ツール・ド・三陸の日だけは自転車に乗れる機会」だともお聞きしており、その重要な機会の講師をさせていただける事をとても光栄に感じます。

同じく、全国の児童養護施設に自転車を寄贈している「リプレット基金事業財団」様とともに、2015年度より子供自転車教室を全国各地で開催しており、今回のツール・ド・三陸と併せて、大船渡市の児童養護施設にも共同で支援させていただく事となっています。

ツール・ド・三陸にて、多くの子供達と、また想いを持った全国の方々と、お会いできるのを楽しみにしています。
 
 

大木卓也

さん(アテネパラリンピック・タンデムスプリント銀メダル〔パイロット〕)
大木卓也
みなさまこんにちは。
今回、初めてツール・ド・三陸に参加させていただきます。アテネパラリンピック・タンデム自転車競技にパイロット(健常者)として出場し銀メダル獲得しました。健常者パラメダリストは日本では数人しかいないレアメダリストです。まだ岩手県は公道でのタンデム走行できないのが残念ですが、いつか走れたらと思っています。今回のイベントを機に多くの人にタンデム自転車を知ってもらえればと思っております。当日はタンデム自転車に乗っている目線でコースを走ります。みなさん楽しく安全に走行し一緒に完走しましょう。復興の進むリアス式海岸を舞台に起伏ある陸前高田市・大船渡市を走るコースを走れるのを楽しみにしています。
 
 

成田美織

さん(モデル/サイクリスト/ミスツーリズムクイーンオブザイヤー)
成田美織
みなさん、はじめまして!今回初めてツール・ド・三陸に参加します、成田美織です。
私は復興支援のボランティアやミス・アース、ミス・ツーリズムの活動などを通して日本の様々な土地を巡ってきました。そして日本の原風景ともいえるその素晴らしさを心から愛するようになりました。自転車は、そんな各地の魅力を体で感じることのできる、とても素敵な手段だと思います。例えば田んぼから流れる水の音や匂い。太陽を浴びる緑の輝き。車に乗って移動するだけではわからない四季を感じることができます。ボランティアとして何度も足を運んだ東北ですが、三陸を走るのは私にとって初めての経験になります。2012年から三陸の復興を見守り続けているこの大会に参加できること、そしてみなさんと共に真夏の三陸を走れることを思うと胸がいっぱいです。

人々に希望を与えるサイクリングを通じて三陸の今を知り、三陸の復興と自然を肌で感じ、自転車でしか味わえない、その土地の色や空気感を多くの人に伝えられるよう、精一杯走りたいと思います。みなさんと一緒に走れることを心から楽しみにしています。
 
 

杏寿沙(あずさ)

さん(タレント/バイクインストラクター)
杏寿沙
初めて三陸に行った事を今でも鮮明に覚えています。あれから3年、だんだんと姿を変えていく“街”をほんの少しでも感じる事ができて嬉しいです。
今年も三陸を走れる事になりました。昨年は生憎のお天気でしたが、皆さん吹っ切れたように楽しそうに走っていたのがとても印象的でした。今年は良いお天気の中、最高のライドになることを祈っています。私も少しでも皆さんのお手伝いができたら、と思っています。
 
 

石井雅史

さん(パラサイクリスト、藤沢市みらい創造財団スポーツ事業部)
石井雅史
今年もツールド三陸を走らせていただきます、三陸の起伏のあるコースを走りながら8年前の震災の事を感じ、我々サイクリストで地元の人たちの震災を経験しても力強く生きると言うところに触れさせていただき、何か力になればと思います。
今年は息子2人も走らせて頂く予定です。子供達も何か感じてくれたらと思います。皆様どうかよろしくお願い申し上げます。
安全に完走目指して走りましょう。
 
 

福田萌子

さん(モデル/スポーツトラベラー)
福田萌子
今年で3回目の参加となるツール・ド・三陸。
まだ3回目ですが毎年少しづつ進化しエネルギーが溢れてくる街の中を見て回るのを楽しみにしています。
ロードレースやサイクリングイベントは長い距離を自分の足で見て回るのに加えてその土地の名産を味わえ、風土を肌で感じられる素晴らしい地域活性化のスポーツイベントだと思っています。
サイクリングを通して街のみんなと一緒に明日の三陸を一緒に創っていきましょう。
今年もこの地でお逢いできるのを楽しみにしています。